スリップリング

型式
特徴
TR10C 中間軸用で計測するシャフトに通し、両端はテーパースリーブで固定します。
TR10T ベアリングレスなので高速回転を可能にし、かつ全長を短縮する事が出来ます。
TR10B TR10Tを馬蹄形にしメンテナンス性を高めたスリップリングです。
TR10E 軸端型でシャフトを細くすることにより高回転設定を実現したスリップリングです。

戻る

ALL Rights reserved, Copyright(C) 2007, SOHGOH KEISO Co., Ltd.